自分が本当に好きなもの。

人生を賭けてやっていきたいこと。
 

その答えって、多分すでに自分の中にあって、その答えは子供の頃に夢中になっていたもの。
 

大人になると、人からどう思われるか。

とか、

損得勘定(お金)が絡んできたりとか。

頭で余計なことをいろいろ考えすぎて、自分の心に素直になりきることができなくなってしまう。
 

でも子供はそんなの関係なく、本当に好きなことに没頭するし、好きじゃなかったら言われても全然やらない。学校の勉強とか、片付けとか(笑)

 

僕は何が好きだったっけ?

僕は子供の頃、何が好きだったんだろうと思い返してみた。
 

勉強はそれなに出来たが好きというほどではなかったな。

学校の授業の中では図工が一番好きだった。

そういえば家庭科の裁縫は女子を差し置いてクラスで一番だった。
 

遊びではとにかくゲームが好きだった。特にドラクエ。


 

あと、漫画。

ジャンプ・マガジン・サンデーは毎週買って読んでたなぁ。単行本もいっぱい買ってた。家は漫画喫茶みたいだった。

授業の中では体育は好きなほうだったが、だからと言ってめちゃくちゃスポーツをやりたいと思ってはなかった。

 

ゲームが好きだったから、中学生の頃はゲームを作る仕事がしたいと思っていた。

でも高校生になってから、友達と遊ぶのが楽しくなってゲームのことは忘れちゃった。

 

現在の自分と、子供の自分

いま、いろいろあって治療の仕事をしている。

けど、治療の仕事って言ってもいろいろあって、その中でも自分が一番楽しいと思える形でやっている。
 

ホームページも自分で作ったりしてるけど、これもまた楽しい。
 

今年の8月に、Google検索のルールが変わって、僕のホームページが検索結果で出てこなくなった。

たぶん、何かのルール違反をしているのだと思う。

でもそれまでのルールでは問題なかったので、何が悪いのかさっぱりわからなかった。
 

あれこれ考えて、いろいろ試してみて、ようやく検索したら表示されるようになった。
 

大変だったんだけど。最初はちょっと血の気が引いたんだけど。それでもこの過程を楽しんでやっている自分が確かにそこにいて。

諦めることなく、いろいろやり続ける自分に気が付いた。

 

ゲームが好きだったのは、問題を解決して結果を出していくことが好きだったんだと思う。
 

それと同じで知的パズルも好きで、ルービックキューブとか知恵の輪とか。

たぶんそれだから囲碁も楽しくて仕方ないんだ。
 

で、体の不調を改善させていくことは、僕にとって体を使った知的パズルみたいなもので、どこまでも追求していってるんだと思う。

喜ばれるしね。

 

結局、「幸せの青い鳥」は家の中にいるんですよね。

 

ブログを書いている人

稲田靖人
稲田靖人
 

吉祥寺悠心堂
 

TEL 0422-72-1822
「ホームページをみて…」とお電話ください
 

● 診療時間 10:00~20:00(土・祝 18:00まで)
● 定休日 水曜日・日曜日
 

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-3 劇団前進座ビル 603

よろしければフォローお願いします

更新情報をツイッターにあげていきますので、よろしければフォローしてください