歯医者にいってきました。

昔に治療して、かぶせていた金属が外れたからです。
 

それはサクッと治してもらいました。

そして歯のクリーニングを次の週に行うことになりました。
 

それが今日。
 

クリーニングは歯科衛生士さんがやってくれます。

そのクリーニング時に、口腔内に溜まった水を吸い出すための管を口にひっかけました。
 

でもその管は通常なら、歯科医が治療中に助手の歯科衛生士が手で持つようなものなので、口に固定されているわけではありません。

口のふちにひっかけているだけなので、口の中に落ち込んできそうだったんです。
 

僕は嗚咽反射がひどく、咽(のど)に物が当たるとやたら「オエッ」ってなるんです。

もうこれは反射なんで、根性論ではどうしようもないやつです。
 

だから、そのバキュームの管を「手で持ってもいいですか?」って聞いたんです。

それが気にいらなかったんでしょうね。
 

怒った口調で「なんでですか?」と。

嗚咽反射がひどいからですと答えたところ、
 

「管をより曲げてひっかかりを強くしたらこれでいいだろ!? おとなしくしてやがれ!」
 

みたいな感じで言われて。

それからは終始高圧的な感じで、

 

「口開けすぎなんだよ! もっと閉じろ!」
 

「閉じすぎなんだよ! 誰がそこまで閉じろっていった!?」
 

「あー、もうなんで私のやりやすいようにサッとできないかなーーーーっ!!!」
 

「さっさと口ゆすぎやがれ!」

 

って感じで、クリーニングを受けさせられるわけですよ。

 

この通りに言葉を発したわけではないですよ。

しかし、こう思って言ってるよなコイツ。としか思えない接し方なんですよね。

 

別にこっちは神様だと思っているわけではないですが、こういう接し方をする人に体触ってほしくないですよね。
 

この歯医者は先生が腕が良くて人柄もいいので、気に入って通っていだんですけどね。

先生には治療してもらいたいけど……

別に文句も言ってないけど、あの歯科衛生士がいる限りはもう行かないですね。

 

僕は普段、こういうことをむちゃくちゃ気にして患者さんと接しています。

だからこそ余計に気になるというのもあると思います。

  

だだ恐ろしいなと思ったのが、

僕のクセで、集中して施術しているとき、口を閉じつつ息を吸い込みながら施術しているみたいで、たまに唇の隙間から空気がビッと入り込み音がします。

それが舌打ちをするような音なんです。
 

決して舌打ちしているわけではないのですが、患者さんからしたらどう感じているかわかりません。

というか、絶対に気を悪くされていると思いますし、いままでに何人もこれで来なくなった人がいると思います。
 

今回、歯医者で嫌な思いをしたことで、自分を戒めたいと思います。

 

ブログを書いている人

稲田靖人
稲田靖人
 

鍼灸整体院 吉祥寺悠心堂
 

TEL 0422-72-1822
「ホームページをみて…」とお電話ください
 

● 診療時間 10:00~20:00(土・祝 18:00まで)
● 定休日 水曜日・日曜日
 

〒180-0003 東京都武蔵野市吉祥寺南町2-4-3 劇団前進座ビル 603

よろしければフォローお願いします

更新情報をツイッターにあげていきますので、よろしければフォローしてください