シンプルかつ高性能なテキストエディター「TeraPad」

シンプルかつ高性能なテキストエディター「TeraPad」をご存じでしょうか。

Windowsには、デフォルトで「メモ帳」というテキストエディターが用意されております。

しかしメモ帳は改行が切れてしまったり、物足りない部分がちょこちょことあります。
 

TeraPadにはそういう不満が一切なく、僕は10年近く愛用しておりますし、これからも使い続けると思います。
 

無料で使えますのでよろしければぜひ。

「TeraPad」無料のテキストエディター – 窓の杜

 

規定のアプリ、デフォルトでは「メモ帳」

テキストファイルを開くとき、デフォルトでは「メモ帳」が起動する設定になっています。

規定のアプリでテキストファイルはTeraPadで開くように設定したいところなのですが……
 

Windows10では、「規定のアプリ」の設定では、TeraPadが選択肢に上がってきません。

それをどうやって設定するのか。

やり方を備忘録として記録しておきます。
 

TeraPadを「規定のアプリ」に設定する

  1. まずTeraPadをダウンロード・インストールして、よく使うのでデスクトップにショートカットを作成します。(これは個人の自由ですが)
  2.  

  3. TeraPadのアイコンを右クリックして「プロパティ」を開きます。
    そして「リンク先」でTeraPadの起動ファイルの保存場所を確認します。

    ちなみに僕のは次の場所にありました。
    『”C:\Program Files (x86)\TeraPad\TeraPad.exe”』

  4.  

  5. 次にTeraPadを開き、何かテキトーに文字を入力して保存します。
  6.  

  7. 保存したテキストファイルのアイコンを右クリックして「プログラムから開く」にマウスカーソルを乗せます。

    するとプログラムが表示されますが、そこにもTeraPadはありません。

    なので、「別のプログラムを選択」をクリックします。

  8.  

  9. そこでもTeraPadはないので、さらに「その他のアプリ」をクリック。
  10.  

  11. そこでもTeraPadはありません。さらに奥へ。「このPCで別のアプリを探す」をクリック。
  12.  

  13. するとフォルダがずらっと出てきます。

    そこで先ほど確認しておいたTeraPadの起動ファイルのある場所に移動していき、「TeraPad.exe」を選択します。

  14.  

  15. 一度TeraPadで開くという段階を踏んでから、再度保存したテキストファイルを右クリック→「プログラムから開く」

    するとTeraPadが現れました!

    でも焦ってはいけません、もう一度「別のプログラムを選択」をクリック。

  16.  

  17. そしてTeraPadを選択して、下にある「常にこのアプリを使って.txtファイルを開く」にチェックを入れて[OK]をクリック。

 

これでTeraPadを「規定のアプリ」に設定することができました。

お疲れさまでしたー。